忍者ブログ

2017-07-22(Sat)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012-12-15(Sat)

子供に自信を与えるには?

以前、公文式の講演会を聴きに行ってきました。


講師は、学級崩壊(学校崩壊)寸前の?公立中学校を
公文式や掃除の導入などで立て直した、
香川県善通寺市立東中学校の河本伸一氏。


いろんなお話をお聞きしたので、何回かに分けて紹介していきますね★





まず、

子供に自信を与えるには?

というタイトルにしてみましたが・・・



自信を持つのはとても大切。



自信がある子の人生と、自信が持てない子の人生は、
結果が大きく変わってきます。



例えば、スポーツ選手は他の事をしても成功する人が
多いように感じます。


毎日過酷なトレーニングをして結果出して・・・
そこから生まれる自信という精神的基礎体力は
すごく大きいのだと思います。



よく入試のときなど、お子さんに「大丈夫、できるから自信を持って!」
という声をかけると思うのですが、そんな言葉だけでは
子供は本当に自信を持つことができません・・・


自信という文字をよく見ると、「自分を信じる」って書いてますね。


どうやったら自分を信じれるようになるかというと、
何かを徹底的にやった時だそう。


もしすごい結果でなかったとしても、誰よりも頑張った自分が好きになるし、
自信が持てるんですね。大人でも同じですよね。(仕事とか)


そして、それだけ頑張るのは誰かを信じないとできないのだそうです。


例えば死ぬほど山盛りのプリントを与えられて、
「これを全部やったら合格できるよ」と言われて、
どれだけできますか?


「そんなこと言われてもやったこともないし無理だ・・・」


とまず思うと思うんです。


でも、やってみよう!がんばろう!って思えるとしたら、
それを言った人を本気で信じることができたら、
行動できるんです。


子供と一緒にがんばれる、子供に信頼される親でありたいと思いました。


自信を持った子(自分のことを好きになれた子)は、
自分を信じてどんどん行動できる(自立した子)だと思うんです。


そして、それは一生の財産になります。




★勉強で自立した子になってほしい方へ(小学校高学年~中学生向け)



オール5家庭教師が教える「自立学習支援キット」




PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

バーコード

ブログ内検索